それぞれの治療方法

医者

発達障害にはタイプがあり、サインなども異なりますが、治療方法ももちろん異なります。自閉症スペクトラム障害では、幼少期に発達障害に気づいたならば、個別や手段教育を施す事によって改善する事が可能です。コミュニケーション能力を改善する事によって、環境への適応力を高めていきます。療育などを経験することで、いろいろな場面での対処方法を身につける事ができ、新しいシチュエーションに出くわしても対応出来るようになります。結果として新しい事にも意欲的になるので、活動的になりやすいです。言葉によるコミュニケーションもしっかりと行う事で問題は解決しやすくなります。親は子供をありのまま受け入れる事で子供も安心し、成長過程を専門家と共にサポートする事が大切となります。

ADHDの治療方法として、薬物療法と行動変容があります。薬物を利用する際には、脳を刺激する治療薬を投与することとなります。ノリアドレナリンやドーパミンなどの行動に関する成分に働きかける効果があり、不足した部分を改善する効果があります。成人に聞くADHDが処方されていませんが、将来的には誕生する可能性が高いと言われています。生活環境を改善するには、興味がありそうな物を徹底的に片付けて、一つの事に集中する癖をつける事が大切です。集中出来る時は長めで良いですが、集中力が不足している時は短めにしましょう。休憩時間などを与えて、集中力を回復させる事も大切です。時間をかけて集中力を身につけるようにすると効果的です。自分にとって自身がつくように教育すると上手くいきやすい様です。

発達障害の一つであるLDですが、教育的支援が一番の鍵となります。支援の方法は苦手分野によって異なります。読むのが苦手ならば、大きな文字でなぞりながら読む練習をしましょう。書くことが苦手ならば、大きなマス目を使って一文字一文字を丁寧に習得させましょう。計算が苦手ならば、視覚的にわかりやすく教えるようにしましょう。計算方法に工夫することがコツとなります。子供にとって何が難しいのかを理解する事が大切です。難しところをなるべく簡単に噛み砕いて説明しましょう。怠慢になると自身もなくすので、子供と一緒に勉強して理解しているか確認しながら進みましょう。発達障害の対策方法を知る事で今後の課題も見えてくるでしょう。専門医などはかなり詳しくやり方を教えてくれ、一緒にサポートしてくれます。子供と専門医と共に成長していきましょう。