サインを感じる事が大切

幼い子ども

発達障害はサインに気づくがどうかで症状をもっているかどうかを見分ける事ができます。自閉症スペクトラム障害の場合は、一歳を過ぎた頃から症状を確認する事ができます。人の目をみない、指差ししない、他の子供に興味がないなどの行為は典型的なサインです。子供の場合は、成長過程でそうなる事もありますが、幼稚園や保育園で一人遊びをする事が多かったら警戒が必要です。人との付き合い方に慣れておらず、独特な事をする事があります。自分の話したい事ばかりを話す事が多くなり、他の会話についていけなくなる事があります。苦手な事などを警戒する事が多くなり、慣れるようになるまで時間がかかります。成長と共に感じなく鳴ることもありますが、逆に社会のとの壁を感じる事によって症状に気づく事もあります。その場合、不安症やうつ病になどになる事もあるので、病院にいって診察した方が良いでしょう。

発達障害の一つであるADHDにもサインがあります。ADHDにはタイプがありますので、どのタイプかを判断しましょう。多動性の子は座ってイルことが難しく、何かしらのアクションをしたがります。席を離れる、しゃべりすぎ、手脚がもじもじするなどの行動は多動性のサインとなります。不注意タイプはうっかりミスが多いのが特徴的です。課題などに集中出来ない、会話中にキョロキョロしている、最後まで作業が出来ないなどの行動は不注意タイプです。整理整頓が苦手で、忘れ物や紛失などが多くなります。

発達障害の一つであるLDは成長していくと自ずとわかります。日常生活は問題ないので気づきにくいですが、2年生以上の成績が悪い場合は可能性が高いです。学年が上がる事に問題は難しくなるので、学習するレベルも高くなるので見分けやすくなります。学習が出来ないままだと勉強する意欲がなくなるので、その後の人生に影響を及ぼす可能性が高いです。早めにサインに気づいて改善させる事が大切です。

症状ごとにサインがはっきりとしていますので、気づいた時には病院などで相談しましょう。早めに相談することで改善方法などがはっきりとわかりますので、今後の人生もどんどん改善する事が可能となります。遅くなるほど修正に時間がかかる事もあるので早期発見早期治療を意識しましょう。