おすすめ記事

病気ではなく特性である

舌を出すこども

発達障害は生まれつき脳の一部に生涯も持って生まれてきます。先天性のものではなく、治療を続ける事で改善する事が可能です。家庭や教育環境が大事なので、しっかりと環境作りをしましょう。

発達障害の種類と症状

専門医

発達障害にはいくつかの種類があり、タイプ分けする事で対策方法などがわかります。コミュニケーションが苦手なのか、勉強が苦手なのか、じっとしているのが苦手なのかが大きな特徴となります。

新着記事

サインを感じる事が大切

幼い子ども

発達障害にはタイプがあり、タイプごとにサインも異なるので、サインの内容を把握して早めに治療をスタート出来るようにしましょう。治療が早いほど効果的なので、サインに気づけるようにしましょう。

それぞれの治療方法

医者

発達障害の治療方法は、タイプ別に異なります。正しいやり方を理解する事で子どもたちも分かりやすくなりますので、教育方法を学びましょう。子どもと一緒に成長する事で発達障害を克服する事が出来ます。

自分の強みでカバー

頑張りましょう

大人の発達障害は子供の頃と違い、自分でカバーすることも出来ます。自分の強みとなっている箇所を活かすことで苦手な部分をカバーする事が出来ます。仕事する時にも活かせる方法となっています。